行政書士になった自分を想像してみよう!

2018年10月23日

民法の上達は問題演習で気が付こう!

行政書士試験まで残り2週間あまりとなりましたが、あなたはどう過ごしてますか。


この2週間、めちゃくちゃ大事ですよ。何をおいても今は全てを行政書士試験のために費やさないと、絶対にダメですよ!スマホいじってる場合じゃないですから。


一番気合を入れてきた行政法は何とか形になったけど、民法がまだまだ…。  

と言う受験生多くいるはず。かく言うこの私もそうでした。

民法って本当に頭使いますよね。行政法って半分は暗記で解ける印象がありましが、民法は少し頭をひねらないとダメ。


民法に悩む受験生の多くの理由は簡単、問題が解けないからです。


正確に言えば、「解ける問題もあるが、解けない問題もまだまだある」。  
だからまだまだ先が長い!  


っと感じて心折れそうになる自分がいませんか?


やり方としてテキストで定義を理解し、その制度を掴んでから要件・効果のチェック、さらに原則・例外、応用・横断のチェック!

そして、記憶。  

という学習を何度も繰り返すことがアプローチの回数となり、問題も解けるようになるのですが!、いやなるはずなのですが、、、。


でもこれでは、多分メンタルがもたないと思います。


今一度、行政書士試験の限定に立ち返って、確認してください。そう、満点を取る必要はないのですよ!

時間もないこの時期にこんなペースでは間に合わない!  

そう感じるはずです。  


そこで、ちゃんと自身の成長を振り返ってみてください。

問題演習をして、検討する項目がひとつ増えていたら、それは成長です。  

解答に理由づけできたら、それは成長です。  

このような何度もアプローチして学習をしていたら、検討する項目や理由づけの確立ができるようになります。  

これを「上達」としましょうよ!  


自身の上達に気付ければ、上達をもっと実感したいと思うはずです。  


だから早速、問題演習やってみましよう。  

そして更に上達したいと思うはずです。  

何度もアプローチする学習を吐き気がしてもやりましょう。周りを気にする必要はないですが、あなた以上に吐き気を感じながら、学習してる受験生はたくさんいます。


本試験で民法の問題に対し、適当に当てずっぽうではなく、しっかり論点のリストアップをし、検討し、頭をフル回転させ、解答していく自分を頭に描きながらやりましょう。  


時間がないと言うならば、時間は作るしかないです。日常に落ちているスキマ時間を見つけて、その時間は全て試験勉強に当ててください。


全員に平等に与えられた24時間は、あなたが自由に使う権利があるのですから!





koucyan1015 at 07:40│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
行政書士になった自分を想像してみよう!