行政書士試験の独学方法はこれだ!行政書士の仕事内容が知りたい!

2018年10月09日

行政書士試験を受けるなら公開模試は必ず受けよう! 

行政書士試験にチャレンジしている方はスクールに入ったり、通信教育を受けたり、はたまた独学で学んだりと、人それぞれです。
本番を前に必ずやっておいた方がいいことがあります。


それは公開模試を受けるという事で、受けるメリットはたくさんあります。

・本番の試験雰囲気を疑似体験できる。
・緊張感を持って時間内で終わらせる訓練ができる。
・予想問題に触れる事ができる。
・採点してもらえ、自分の位置を確認できる。


そして公開模試を受ける姿勢としては、本番と思って臨むのがいいと思います。

公開模試は本番と同じ13時開始なので、それこそ本番さながらの体験が出来るわけです。

更に言うならば、出来れば複数のスクールの公開模試をできるだけ受けるべきです

一社のスクールだけだと、どうしても偏りがあるようです。

私は実際に3社のスクールで公開模試を受けましたが、これはとても自信につながりました。


各スクールで今年の予想などを立ててくれて参考にもなり、スクールによってはライブで解説授業をしてくれます。


また公開模試を受けに来る人達の様子を見るのも結構、興味深いもので、その年齢層や性別など本当に様々な経歴と思われる人が来ていて、それだけでも自分もやらなきゃ!という気持ちになりました。


公開模試が終わったあとの行動も実は大切です。


■結果に一喜一憂しない

所詮模試は模試。ここで合格点を獲れても本試験で獲れなければ何の意味もないのです。逆に点数を獲れなかったとしても必要以上に落ち込む必要はないと思います。
いったい何のために模試を受けたのか?合格点を獲るためではない、自分の現在の力を知る為、弱点を知る為、そう思い直してくださいね。

■復習は早めに優先順位をつけてやる

初めて見る問題に3時間の取り組みは貴重な体験です。その記憶が鮮明なうちに復習して徹底的に自分のものにしてしまいましょう。
後日の復習は、自分の勉強計画を変更してまでやる必要はありません。
優先順位としてまずは、「正解率の高い問題を間違えていないか」?ここの確認をしてください。
正解率が高くて自分が間違えているということは、それだけ他の人に差を付けられている証拠です。

行政書士試験ではたまにわざと難関問題を出して、受験生を揺さぶります。そんな問題は他の受験生も解けないのですから、パスしていいのです。
ここでずっと考えてロスする方がよっぽどあほらしいことです。

自分の実力を知るためにも是非、いや必ず公開模試は受けるべきですし、受けないとホント損しますよ。一年に一回の試験、できる事は全てやりつくしましょう!






koucyan1015 at 19:07│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
行政書士試験の独学方法はこれだ!行政書士の仕事内容が知りたい!