行政書士試験当日までにやるべき事5か条-心得や注意点は何か?ー行政書士試験の勉強方法~条文を確認しよう!~

2018年09月30日

行政書士試験の間違えやすいポイントを整理しよう!〜行政法〜

行政書士試験で行政法は要の科目です。この科目で得点できるかが合否を分ける一つのポイントです。

私が勉強してて間違えやすいと思ったポイントをいくつかピックアップしたので、学習の参考になれば幸いです。


行政不服審査法

(審査請求書の提出)

第十九条  審査請求は、他の法律(条例に基づく処分については、条例)に口頭ですることができる旨の定めがある場合を除き、政令で定めるところにより、審査請求書を提出してしなければならない。
必ず書面でなければならないわけではない!



(口頭意見陳述)

第三十一条  審査請求人又は参加人の申立てがあった場合には、審理員は、当該申立てをした者(以下この条及び第四十一条第二項第二号において「申立人」という。)に口頭で審査請求に係る事件に関する意見を述べる機会を与えなければならない。ただし、当該申立人の所在その他の事情により当該意見を述べる機会を与えることが困難であると認められる場合には、この限りでない。 

→ 職権ではできない!

 

行政手続法

(理由の提示)

第八条  行政庁は、申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、同時に、当該処分の理由を示さなければならない。ただし、法令に定められた許認可等の要件又は公にされた審査基準が数量的指標その他の客観的指標により明確に定められている場合であって、当該申請がこれらに適合しないことが申請書の記載又は添付書類その他の申請の内容から明らかであるときは、申請者の求めがあったときにこれを示せば足りる。

 前項本文に規定する処分を書面でするときは、同項の理由は、書面により示さなければならない




(聴聞の通知の方式)

第十五条  行政庁は、聴聞を行うに当たっては、聴聞を行うべき期日までに相当な期間をおいて、不利益処分の名あて人となるべき者に対し、次に掲げる事項を書面により通知しなければならない
口頭による通知はない!

 予定される不利益処分の内容及び根拠となる法令の条項

 不利益処分の原因となる事実

 聴聞の期日及び場所

 聴聞に関する事務を所掌する組織の名称及び所在地


(弁明の機会の付与の方式)

第二十九条  弁明は、行政庁が口頭ですることを認めたときを除き、弁明を記載した書面(以下「弁明書」という。)を提出してするものとする。


このように条文を読むときはポイントとなる部分があります。ただ流して読むだけではなく、意識して読みこむ事で、頭の中で整理されてきます。

条文は本当に大切です。心して臨みましょう!





koucyan1015 at 18:52│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
行政書士試験当日までにやるべき事5か条-心得や注意点は何か?ー行政書士試験の勉強方法~条文を確認しよう!~