行政書士試験を受けるなら公開模試は必ず受けよう! 行政書士試験を経験した僕がブログを始めた理由

2018年10月09日

行政書士の仕事内容が知りたい!


町の法律相談家と言えば行政書士ですが、そのイメージは結構地味だったりします。

テレビドラマ「カバチタレ」でその知名度が少し上がって、行政書士を目指す人も少し増えてような、、、気がするだけで特に変化はありません。

私はこの行政書士に挑戦し合格して今に至るのですが、その行政書士を目指した理由について少しお話してみたいと思います。

行政書士の業務範囲は1万種類以上

行政書士は法律専門国家資格の中でも特に幅広い業務範囲を持っていて、国民に密着した法務サービスを提供している町の法律相談所といっても過言ではありません。

そして行政書士の資格を取得すると、おおよそ次のような事ができます。

・官公庁などに提出する書類の作成業務
・作成した書類等の提出代行
・書類作成に関する相談業務
・官公庁提出種類の提出手続きの代理
・契約書等の書類を代理人として作成すること


そしてなんといってもその取り扱える業務の数が半端ではありません。

おおよそ10,000種類以上に及ぶと言われてすので、個人の努力次第では無限に活動領域を広げることができると言われています。

そして特筆すべきことは、代理権の付与により法律家としての活躍の場が拡大しているということ、そして法人化が可能ということです。

具体的に暮らしに役立つ相談としては次のようなものがあります。


・遺言・相続
遺言書の起案や作成の支援、遺産相続においては遺産分割協議書等の作成、相続財産の調査、相続人の確定調停などです。中のいい兄弟ほど遺産相続でも揉めるといいますから行政書士はこんなところでも活躍の場があるのが嬉しいところです。

・成年後見
認知症などにより判断能力が不十分な人を本人の自己決定権を尊重しつつ法律的に保護して支援するなどの成年後見人のお手伝い、益々高齢化していくこの社会に対応して、介護保険や成年後見の分野に携わることが出来ます。

・日本国籍取得、国際結婚など国際関連
年々、日本を訪れる外国人の数は増えていて、その中でも日本国籍取得を希望する外国人、帰化申請、外国人登録、在留資格の取得、永住権の取得、国際結婚など。これらは入国管理局への申請となりますが、ここで活躍するのが申請取次行政書士といってワンランク上の行政書士でした、ここも非常に興味あるところです。

・自動車登録関連
いわゆる代書屋みたいに言われていた時期があったと思いますが、それです。自動車登録申請、自動車重量税申告、交通事故示談書、自賠責保険・任意保険金の請求など。実は保険屋の仕事かと思いきや、交通事故や保険金請求等を取り扱いスペシャリストもいます。

・外国人雇用関係
外国人を雇うときに必要となる入国管理局への申請書類など

・許認可申請
建設業や運送業、産業廃棄物処理業、飲食店、化粧品の製造や輸入販売業等の許認可申請手続きなど、色々な業種で許認可申請は必要不可欠なのです。

・中小企業支援
中小企業の経営を支援する外部専門家として、知的資産経営導入と知的資産経営報告書の作成やサポートをします。

そのほかにも沢山の業務に広がりを見せています。

・自治体、団体主催の無料相談員
・行政手続相談
・自治体などの各種公的委員会
・年金記録確認第三社者委員
・行政書士が行う無料相談会
・創業の手続きに関する相談
・司法委員
・公益認定等委員
・入札制度監視委員
・行政改革推進委員
・民事調停委員、家事調停委員
・行政書士試験監督


どうでしょうか。かなり多岐にわたっているので、実際に行政書士になったらどこで自分が飯を食っていくか?それこそマーケティング力が必要になってくるでしょう。

晴れて行政書士になってからが実は勝負の世界であったりもします。

それは行政書士試験は実務内容に直結する内容ではないからです。

実は試験に合格してもそこからどうやって実務を経験して、プロフェッショナルになるか?ここがポイントでもあります。

なので合格してからは行政書士開業講座などを受講することは必要だと言えます。






koucyan1015 at 23:05│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
行政書士試験を受けるなら公開模試は必ず受けよう! 行政書士試験を経験した僕がブログを始めた理由