2018年10月13日

僕が行政書士を目指した理由をはなしましょう!

あなたは国際結婚をどう思いますか。
今まで全く考えたことがない、実は少し興味がある、いろんな人がいると思います。


実は私は国際結婚をして現在にいたります。この国際結婚をするには様々な書類を作って、入国管理局(以下、入管)に出さないといけないのです。



その必要書類を集めるのも大変ですが、最初はそもそも何が必要か?もわからない状態で始めました。

そんな時にお世話になったのが、行政書士の荒木さんでした。



行政書士の仕事は多岐に渡っていて、それこそ10,000種以上も業務があります。

そのひとつに外国人のVISAや帰化に関する書類作成、提出の代行があります。



国際結婚するためには外国人はVISAを取らなければ、ずっと日本にいることができません。

だから婚姻届を出してもそれだけでは、日本で生活していい理由にはならないのです。



そしてこのVISAを取るために提出する申請書の書き方や添付資料について、行政書士に相談に行ったのでした。

私は自分で調べて進めた内容に間違えがないか?などをチェックしてもらいました。



添付するスナップ写真やお相手と出会った経緯、プロポーズした場所まで赤裸々に記載しなくてはならず、ちょっと恥ずかったのを思いだします。



その行政書士の荒木さんはちょっと小太りでクマさんのような印象で、丁寧に説明してくれました。

その後も分からない事があれば、LINEやメールで質問したりして、すぐ回答してくれました。

行政書士もこういう相談は普通は有料なのですが、私にはすごくよくしてくれて、大変感謝してます。



こんな荒木さんを見ていたら、なんか自分も行政書士になって同じ境遇の人を助けてあげたい、そう強く思うようになりました。



そして行政書士を目指すべく、勉強を開始、試行錯誤のなか、なんとか合格を手に入れる事ができました。

恐らく国際結婚で荒木さんと出会ってなければ、行政書士なんて考えもしなかったと思います。



行政書士は街の法律相談家。

この資格を取って良かったなと思う事は、生活に直結することは、自分で解決できる事ができるという事です。



生活していると民法が役に立つときが必ずあります。

私は次は申請取次行政書士を目指しています。講習を受けて取れので、チャレンジ予定です。

これを取れば私も国際結婚で困ってるカップルを助けられます。

将来へ向けて進みたいと思います。

あなたも行政書士に挑戦してみませんか!



koucyan1015 at 12:11|PermalinkComments(0)

2018年10月10日

行政書士試験を経験した僕がブログを始めた理由

あなたは最近、何かハマってることありますか?

何か熱中できることありますか?

長いようで短い人生、時間は限られていて、みんなに平等に与えられています。

時がたつのは早いもので年をとればそれを実感するもので、時間の大切が身に染みて分かるようになりますよね。

だからのその時間を有効に使うために、何か熱中できるものを見つけたいと思いませんか。

更にその熱中できるもので人生豊になればなおいいと思いませんか?

そこでおススメなのが「ブログ」です。


ブログはネット上で自分の名刺代わりになるもので、自分の好きなことでもいいですし、主張したい事があれば言えばいいし、悩んでいる人の悩みを解決してあげる発信をしてもいいしと自由に書き込める場所なんです。


そしてこのブログ、実はちょっといいところがありまして、お金を稼ぐ道具としても大活躍するのです。

言うなればブログは株やFX、マンション経営などと並ぶ「投資」のひとつになるのです。ご存知だったでしょうか?

ブログが投資?!って意味がわかりません!そう思う方も少なくないですよね。

でも実際、個人が資金がない状態でゼロからお金を稼ぐのであれば、間違えなくこの「ブログ」がおススメなんです。

その理由は、

・初期費用がほとんどかからずに取り組むことが可能
・検索エンジンからの集客であるため収益を自動化しやすい
・月100万、200万といった大きな収入を得ることも可能
・時間や場所を選ばすに自由に取り組むことができる

実際に僕はブログを始めて少しずつですが、収益を上げつつあります。

ではいったいブログを書いて稼ぐとはどういうことなのでしょうか。

例えば、3ヶ月後の結婚式に向けて、ブライダル脱毛に通いたい!、そう考えている女性がいたとします。

そしてこの悩みを解決するためにブログに脱毛が出来る場所を調べて書いてあげるのです。

この悩みを解決しないと待っている暗い未来、解決すれば待っている明るい未来、そういう事を想像させる内容を書いてあげるのです。

そうするとあなたのブログに訪れてくれたユーザーは、もしその内容が自分の悩みを解決してくれると思ったら行動を起こすかもしれません。

ではいったいどんな行動を起こすのでしょうか?

この場合、ブライダル脱毛をしたい!という欲求があるので、それが実現できる場所を探すでしょう。これが行動です。

もしこのときにブログにそのお店の情報があったら行ってみたくなるかもしれません。

実はブログでこのように悩める人に商品を紹介して買ってもらい、その対価として報酬を頂く、こういうビジネスがあるのです。

これをアフィリエイトといいます。


3ヶ月後の結婚式に向けて、ブライダル脱毛に通いたい!とかなり明確な目標があるため、成約までのステージとしてはかなり高いところにいると考えられます。
ではなぜ商品を紹介して報酬がもらえるのかというと、それはアフィリエイト専門の会社(以下、ASP:アフィリエイト・サービス・プロバイダ)というのがあって、商品を紹介すると紹介料をくれるのです。

だから自分が悩める人にオススメしたい商品をASPから選んで、丁寧にPRすれば売れるのです。

そしてそのとき使うのが「ブログ」なのです。

なんとなくイメージ湧きましたか?

僕は行政書士試験を受けてから、このブログを始めたんですが、実際に行政書士試験で経験したことを書いて、このアフィリエイトに繋げています。

一例としては行政書士試験のためのテキストを推薦したり、スクールを紹介したりして受験生の悩みに寄り添うことで、ASPの成約を目指しています。

あなたも何か自分に得意なものがあって、それが悩める人の解決になればお互いにハッピーになれますよ!










koucyan1015 at 20:54|PermalinkComments(0)

2018年10月09日

行政書士の仕事内容が知りたい!


町の法律相談家と言えば行政書士ですが、そのイメージは結構地味だったりします。

テレビドラマ「カバチタレ」でその知名度が少し上がって、行政書士を目指す人も少し増えてような、、、気がするだけで特に変化はありません。

私はこの行政書士に挑戦し合格して今に至るのですが、その行政書士を目指した理由について少しお話してみたいと思います。

行政書士の業務範囲は1万種類以上

行政書士は法律専門国家資格の中でも特に幅広い業務範囲を持っていて、国民に密着した法務サービスを提供している町の法律相談所といっても過言ではありません。

そして行政書士の資格を取得すると、おおよそ次のような事ができます。

・官公庁などに提出する書類の作成業務
・作成した書類等の提出代行
・書類作成に関する相談業務
・官公庁提出種類の提出手続きの代理
・契約書等の書類を代理人として作成すること


そしてなんといってもその取り扱える業務の数が半端ではありません。

おおよそ10,000種類以上に及ぶと言われてすので、個人の努力次第では無限に活動領域を広げることができると言われています。

そして特筆すべきことは、代理権の付与により法律家としての活躍の場が拡大しているということ、そして法人化が可能ということです。

具体的に暮らしに役立つ相談としては次のようなものがあります。


・遺言・相続
遺言書の起案や作成の支援、遺産相続においては遺産分割協議書等の作成、相続財産の調査、相続人の確定調停などです。中のいい兄弟ほど遺産相続でも揉めるといいますから行政書士はこんなところでも活躍の場があるのが嬉しいところです。

・成年後見
認知症などにより判断能力が不十分な人を本人の自己決定権を尊重しつつ法律的に保護して支援するなどの成年後見人のお手伝い、益々高齢化していくこの社会に対応して、介護保険や成年後見の分野に携わることが出来ます。

・日本国籍取得、国際結婚など国際関連
年々、日本を訪れる外国人の数は増えていて、その中でも日本国籍取得を希望する外国人、帰化申請、外国人登録、在留資格の取得、永住権の取得、国際結婚など。これらは入国管理局への申請となりますが、ここで活躍するのが申請取次行政書士といってワンランク上の行政書士でした、ここも非常に興味あるところです。

・自動車登録関連
いわゆる代書屋みたいに言われていた時期があったと思いますが、それです。自動車登録申請、自動車重量税申告、交通事故示談書、自賠責保険・任意保険金の請求など。実は保険屋の仕事かと思いきや、交通事故や保険金請求等を取り扱いスペシャリストもいます。

・外国人雇用関係
外国人を雇うときに必要となる入国管理局への申請書類など

・許認可申請
建設業や運送業、産業廃棄物処理業、飲食店、化粧品の製造や輸入販売業等の許認可申請手続きなど、色々な業種で許認可申請は必要不可欠なのです。

・中小企業支援
中小企業の経営を支援する外部専門家として、知的資産経営導入と知的資産経営報告書の作成やサポートをします。

そのほかにも沢山の業務に広がりを見せています。

・自治体、団体主催の無料相談員
・行政手続相談
・自治体などの各種公的委員会
・年金記録確認第三社者委員
・行政書士が行う無料相談会
・創業の手続きに関する相談
・司法委員
・公益認定等委員
・入札制度監視委員
・行政改革推進委員
・民事調停委員、家事調停委員
・行政書士試験監督


どうでしょうか。かなり多岐にわたっているので、実際に行政書士になったらどこで自分が飯を食っていくか?それこそマーケティング力が必要になってくるでしょう。

晴れて行政書士になってからが実は勝負の世界であったりもします。

それは行政書士試験は実務内容に直結する内容ではないからです。

実は試験に合格してもそこからどうやって実務を経験して、プロフェッショナルになるか?ここがポイントでもあります。

なので合格してからは行政書士開業講座などを受講することは必要だと言えます。






koucyan1015 at 23:05|PermalinkComments(0)